事業経営のアウフヘーベン(考えて問題解決)

写真:アウフヘーベンの図(できるだけ分かりやすいように作成しました。)

「アウフヘーベン」ってなに?

「アウフヘーベン(ドイツ語:aufheben)」
という言葉があります。
20歳代前半にこの言葉を知りました。
私は、この言葉を頻繁に応用します。

「コトバンク」というホームページでは、
下記のように説明しています。

「アウフヘーベンする」とは
「対立する考え方や物事からより高い次元の答えを導き出す」
「議論を深めることでさらに良くする」
「見方を変えて解決策につなげる」
という行為を指します。
つまり「対立する二者を超越した結論を導く」
という意味になります。

「コトバンク」のホームページより

チャットGPTにも聞いてみました。
(下記写真はその回答です)
日本語がちょっと不自然なところがありますが・・・。
(私もチャットGPTのコトをいえませんが・・・)
(また、次章でその詳細に触れます。)

上記のチャットGPTの内容を下記に記します。

アウフヘーベン(Aufheben)は、ドイツ語で「上がる」または「超する越」
という意味を持つ哲学的な用語です。

この概念は、特にドイツの哲学者ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリッヒ・ヘーゲルによって重要な役割を担っています。

アウフヘーベンは、彼の哲学体系において中心的な要素であり、その後の哲学者たちにも影響を与えました。

アウフヘーベンの基本的なアイデアは、ある概念や対立する2つの要素を取り入れ、それらを保存しながら、幻の概念や合成を新しい進化プロセスです。

これは発展的なプロセスであり、進化や変化をアウフヘーベンは、しばしば三段階のプロセスとして説明されます:

1.否定(否定):
最初の段階は、既存の概念や状態を否定する段階です。
これはあるアイデアや状況の限界を認識することを意味します。

2.これは、過去のアイデアや価値を完全に破棄せずに、
新しい合成を可能にするための基盤を提供します。

3.合成(Synthesis):
最終段階では、否定と保存された要素を統合し、
新しいファンタジーのアイデアや状態を繰り返します。
これにより、進歩と発展が促進され、
より含まれた理解や解決策が生まれる可能性がございます。

アウフヘーベンは、哲学的な闘争だけでなく、
歴史、社会、文化など幅広い分野で適用されます。
この概念を理解することは、新しい対立や対立が
洞察や発展の機会を提供するプロセスを示すため、
非常に重要です。

チャットGPTより

だそうです。

「限界を認識する」は「次のステップ」

初めて聞いた人でも分かるようにと設定したのですが、
上記の説明で理解できるでしょうか?

「1.否定」とありますが、
これは「ダメだ」という意味ではなく、「限界を認識」するという意味です。

事業の場合で考えると、さまざまな「限界」が出てきます。

例えば、飲食業として店舗で料理を提供している場合、
「制限」されるのは席数(お客様のスペース)です。

当然ですが、席数以上のお客様を店舗内に招いて食事ができないため、
お客様の数には限界があります。ということは、売上高も限界がきます。

この売上高の限界を引き上げるためには、お客様の入れ替わりが必要になります。
つまり、客回転が限界を引き上げる要素になります。

それでも、客回転にも限界があります。
通常、食事をとる時間帯を外れると、お客様は極端にすくなくなるからです。

このように、さまざまな「限界」(制限)があり、
その「限界を理解(認識)」するという意味です。

「3.合成」はどうでしょうか?
限界を認識(「否定」)すると、自分の事業の「弱みを認識」することになります。
この「弱みを認識」できることは、
次のステップに転じる新しいスタート地点に着くことと同じ意味になります。

つまり、売上高を引き上げるためには、「なら、じゃぁどうしよう」となります。
今までのやり方も大切にしつつ、新しくスタートして、何かイイ方法や仕組みがないか探します。

仮に、「弁当にして販売をすればどうなるだろう・・・」と考えたとします。
弁当を店外で食べていただくので、上記の「限界」である席数には制限されません。
弁当を購入したお客様は、ご自宅で食べる、公園や景色のイイ場所で食べる、
お土産に持って行って他の人に渡すなど、店舗内の席数に関係なく食事をして頂けます。

「弁当の販売」を「現状の飲食店舗」に「合成」して、「売上高を引き上げる」につながります。

つまり、「店舗内での飲食+弁当での販売=売上高の増加」という式です。

この仕組みができたので、後は「売れる弁当」を徹底して考えます。

今までの事業のやり方を、今後、事業を更に安定させるため(「テーゼ」)、
今の事業規模(席数・来客時間帯)という制約の中で(「アンチテーゼ」)、
どのように売り上げを伸ばすかという問題について、
「じゃあどうする?」を徹底的に考え抜いて、
違うレベル(工夫して)で解決していく(「ジンテーゼ」)という図式ができます。

「制約」という限界を新しいアイデアで打破していく過程です。

飲食店の店舗経営を例にしましたが、
どのような事業でも、この考え方は応用できます。

「考える」コトを継続(選択するのは事業主)

「売上高を上げる」ために、上記の例もありますが、
他方では、「売上高を維持する」という選択肢もあります。

この「限界」の範囲内で、長く継続させることもひとつの方法です。
常に、売上高を上げることが、経営を持続させる唯一の手段ではありません。

選択するのは、経営者である当事者です。
限界を超えることで、事業の進展はあるのですが、
限界の範囲内では進展は無いかというとそうでもありません。

季節に応じて提供する料理を替えたり、
新しい定番メニューを創作したり、
店舗の雰囲気を変更したり、
などなど、お客様に提供する料理や店内の内装について、
考えなけらばならないことが日々出てきます。

「事業を維持する」こと自体も考えなければなりません。
事業を継続すること自体が簡単ではないからです。

どちらを選択しても、必ず「事業経営について考える」ということが必須です。

私の仕事上(会計上)、「売上高を上げる」や「経費を下げる」を考えるのですが、
経営者は、本業について常に考えています。

「現状が安泰で、ずっと将来まで今の状態が続く」と思っている経営者はいません。
何か別のやり方がないか、面白いことはないか、を模索しています。

アウフヘーベンは、
より良い方法を見つけるための思考手段の一つだと考えています。

実務で感じるのは、
「経営する」、「問題を解決する」、「アウフヘーベンする」が
同じような意味になるとも考えています。

そして、
「しぶとい経営」、「諦めない経営」、「ブレない経営」に
なるのかもしれないと考えています。


投稿者プロフィール

古賀 聡

広島県広島市の税理士。現在は、個人事業主・中小事業者(法人)の税務・経営の相談を中心に活動中。ブログ投稿を2020年10月1日に立ち上げ、税務・会計だけでなく、ExcelマクロやRPAを使って業務の効率化やWebサイトの構築など、「小さな便利」記事を毎週月曜日に作成・投稿中。

お問い合わせフォームはこちら

  • 独立開業を考えていて何をすべきか聞いてみたい。
  • 帳簿記帳でイイ方法がないか相談したい。
  • 経理の効率化について聞いてみたい。
  • 部分的な税金のことだけ聞いてみたい。
  • セカンドオピニオンとして色々アドバイスを聞いてみたい。
  • 顧問を依頼したい。     などなど

初回のお問い合わせは無料です。
ご質問やご相談については、下記フォームよりご連絡ください。
24時間受け付けておりますので、必要事項をご記入の上、[送信]をクリックしてください。







    お問い合わせ・ご相談は、
    お問い合わせフォームにて受け付けております。

    お問い合わせフォームの受付は
    24時間受付中です。

    まずは、気軽に
    ご相談・お問い合わせください!