【インボイス制度と指定ゴミ袋】

インボイス制度が導入して数か月が経ちました。コロナ禍で導入された効率的なシステムでも、制度対応でシステムを十分に発揮できない部分があります。

画像:広島市指定ゴミ袋の領収書(専用伝票)の写真

先日、早朝の仕事から電卓を使おうとすると、
数字が表示されません。
どうやら電池が切れていたようです。

電卓の電池はボタン電池で、
「CR2023」というもので、
今ではコンビニなどで売っています。

以前、近くのセブンイレブンでも売っていたなぁと思い出し、
購入するため行ってみました。
ついでに、広島市の指定ゴミ袋も3つ購入。
(事務所のゴミは指定ゴミ袋で捨てなければならないため)

ピッ、ピッとスキャンして、支払はセルフレジで、
レシートではなく「領収書を下さい」と一言。
いつもは、POSレジから自動で領収書が出るのですが、
店員さんがバタバタとされていて・・・。

聞くと、電池の領収書は、POSレジで別途入力した後に発行。
指定ゴミ袋は、専用伝票の領収書に手書きで記載。
しかも、消費税額は電卓で手計算して手書きで記載。
支払セルフレジでスムーズに決済をするシステムとは
逆行する方法で領収書の発行がされていました。

インボイス制度の導入により、
広島市指定ゴミ袋の領収書発行は、
この専用伝票にて別途発行するようになっています。

ちょっとした処理ですが、
ここのセブンイレブンは指定ゴミ袋を購入する人が多いので、
毎回この作業をするのは大変です。

領収書を発行するまでにかかった時間は、約1分強でした。
ちょうどお客様がいない時だったので、
他のお客様を待たせなかったのですが、
昼時などの忙しい時間帯では大きな時間ロスです。

明らかに、インボイス制度が業務効率化を邪魔しています。

コロナ禍による非接触型のレジを導入したにもかかわらず、
指定ゴミ袋の決済方法は旧式の領収書発行の処理方法です。
各店舗は導入間もないインボイス制度に対応するため、
とりあえずの一時的な処理方法であればいいのですが。

変更されず、今後も続く場合は、作業が効率的でないため、
セブンイレブンの取扱品目から除外される可能性もあります。
困るのは、私側のお客様側かもしれません。

このようなところまで影響するインボイス制度、
更なる効率化が必要な部分でもあります。

事務所の帳簿処理でも
インボイス制度による消費税処理の煩雑さはあります。
制度に慣れ、
日々効率的に処理できる方法を
考えていかなければなりません。



投稿者プロフィール

古賀 聡

広島県広島市の税理士。現在は、個人事業主・中小事業者(法人)の税務・経営の相談を中心に活動中。ブログ投稿を2020年10月1日に立ち上げ、税務・会計だけでなく、ExcelマクロやRPAを使って業務の効率化やWebサイトの構築など、「小さな便利」記事を毎週月曜日に作成・投稿中。

お問い合わせフォームはこちら

  • 独立開業を考えていて何をすべきか聞いてみたい。
  • 帳簿記帳でイイ方法がないか相談したい。
  • 経理の効率化について聞いてみたい。
  • 部分的な税金のことだけ聞いてみたい。
  • セカンドオピニオンとして色々アドバイスを聞いてみたい。
  • 顧問を依頼したい。     などなど

初回のお問い合わせは無料です。
ご質問やご相談については、下記フォームよりご連絡ください。
24時間受け付けておりますので、必要事項をご記入の上、[送信]をクリックしてください。







    お問い合わせ・ご相談は、
    お問い合わせフォームにて受け付けております。

    お問い合わせフォームの受付は
    24時間受付中です。

    まずは、気軽に
    ご相談・お問い合わせください!